お問い合わせ HOME よくあるご質問 パターンプラクティス裏話 通信販売法に基づく表示
 
話す筋トレ  
 

■ 開発者プロフィール (松尾光治)

略歴

  • 東京都出身。早稲田大学第一文学部中退。在学中に早大派遣留学生・国際交流基金奨学生として米国アイオワ州 Grinnell Collegeに留学。(1979-1982年)
  • 外国語学校バイリンガルにて英会話講師、教材開発。同社ニューヨーク校にて5年間講師および教務主任と講師マネージャー
    を務める。
  • のち三井物産米国子会社のハイテク企業で総務・システムマネージャー(カリフォルニア、 シリコンバレー)、 営業職(ニューヨーク)として 9年間勤務。
  • 2003年に Transtream LLC設立。シリコンバレーの米携帯コンテンツベンチャーの顧客管理や通訳・翻訳業を経て
    現在は字幕翻訳家。 米国バーモント州在住。
  • 日本ではほとんど教わらない英語の省エネ発音リスニングに特化した教材「モゴモゴバスター(www.mogomogobuster.com)」を開発・提供。  
    生きた英語を学ぶための総合サイト、ナマ英語.com (www.namaeigo.com) を運営。
    まぐまぐ!のオフィシャルメルマガ「英語のまぐまぐ!」に「カジュアル発音攻略法 ~アメリカCMで英会話を解説~」を好評連載中。


■ ごあいさつ・パターンプラクティスと私の関わり・メッセージ

こんにちは。

ビジネス英語 話す筋トレ開発者の松尾光治(こうじ)と申します。
本業は字幕翻訳家です。

もともとは日本の英会話スクールの講師としてニューヨークに 派遣
されてきたのですが、そのまま居ついて米国生活は通算26年になります。

今でも英語について新しい発見をするのが楽しい毎日です。  

話す筋トレ

ここでは、私がパターンプラクティスという訓練法に大きな信頼と強い確信を抱くようになった経緯を
私の英語学習経験も混ぜて 書きます。 ご参考になれば幸いです。

私のパターンプラクティスとの出会いは、『アメリカ口語教本』でした。確か高校2年の時です。
誰かに「良い」と言われて入門編を買いました。音声はありませんでした。

お恥ずかしい話、最後までやったかどうかも覚えていないくらいで
目だった成果も実感しなかったように記憶しています。
今思えば、原因はハッキリしています。
繰り返しと刷り込みが不足していたからです。 音声を使わなかったことも大きな問題だったと思います。

ただ、それまでパターンプラクティスというものを知らなかったので
スパっスパっと次々に英文を口に出していけるのが快感だったのは覚えています。

というわけで、 私自身の「大量口頭アウトプット訓練」は、
パターンプラクティスではなく「大量丸覚え+音読+リピーティング」というところです。

大学時代に留学していたのですが、なかなか思うように話せるようになりませんでした。
大学派遣の留学生として厳しい選考試験に受かっての留学で、
授業を受けたり、自分のことをたどたどしくも話したりするのは何とかなったのですが
なかなかそこから先が伸びていかないのです。

「ただアメリカに住んで適当に人と話してるだけでは
英語がそれほど上達するものではない」ということをまだ知りませんでした。

かといって、それほど焦っていたわけでもなく、あれやこれや手をつけて
好きな素材で楽しく勉強していたのが、大量口頭アウトプット訓練になったという感じです。

使った素材は、テレビドラマの聞き取りとリピーティング(省エネ発音をこれで覚えました)、
好きな本の一節を丸覚え(ジャズが好きで、ジャズミュージシャンの伝記とか逸話、ジョーク集などをいろいろ覚えて
暇な時に頭の中で繰り返したりつぶやいたりしていました)、
あと、ヒット映画の原作のペーパーバックの気に入ったセリフを書き出して毎日音読して覚えるとか。
セリフは友人や女の子相手に使えるもの中心です。(動機がろくなもんじゃありませんね。)
それをそのまま使ったり 一部を変えたり組み合わせたりして使う。
ま、これはパターンプラクティスと同じですか。

そうこうしているうちに、頭の中で点と点がつながる感じになってきて
次第に話すこともラクになってきたし、いろいろなことが言えるようにもなってきました。
かなりの回り道と言えば回り道でしたが、その代わり、 いわば道草を食いながら、
おいしそうな事ばかりやっていたわけです。
英語そのものが好きだったので、私の場合はあれでよかったと思います。

さて、当時日本で大手だった『バイリンガル』という英会話スクールに、
まずは講師として勤めはじめたのですが そこでパターンプラクティスに再開することになります。

「話すには中学英語を運用できれば十分」であることと
パターンプラクティスを根底においた基礎固めで
「誰でも話せるようにさせられる」
ことを確信したのは その時です。

『バイリンガル』は、もうなくなってしまったので、打ち明けて言えば、
英会話スクールというのは「顧客に上達感を適度に与えつつも、できるだけ長く引き伸ばして通わせる」ことで成り立っています。
どこのスクールもそうだと思います。

だから、あまり急激に上達してすぐに「もう独学でやっていける」などと思われても困る。
週にせいぜい3回、一回1時間半程度のレッスンだけでは急激に上達することはありえないのでいいのですが、
熱心に自習をする人は、それでも素早く伸びます。

で、『バイリンガル』で、このパターンプラクティスがいかに効率良く目的を達するかを目のあたりにしたのです。

初級者が「とにもかくにも口から英語を出して話し始め、十分に意味のある会話を成立させられる」という
中級者レベルに素早く成長するのに、
そして中級者が「それなりの自信をもって長い時間まとまった内容で話し続けられる」上級者へと成長していくのに、
パターンプラクティスが大量口頭アウトプット訓練の中心的役割を担っていました。

同社で具体的に行われていたことは、基本的文法に基づいた、ごく基礎的な構文からはじめて、
系統的に手持ちの構文を増やし、瞬間的に口に出せるように訓練する。
文字や日本語に頼らせないようにチャートと絵を使う。 いくつかの構文を組み合わせた質問を投げかけ、
フルセンテンスで、答えさせる。このトレーニングの徹底です。

初級者(中学レベルの文法に不安がある人)には初期段階で日本人講師がついて、
文法的にわからない点を日本語で説明しながら、その文法項目を構文化した簡単なパターンプラクティスで
大量に口頭練習させます。 「学校英語」という同じバックグラウンドを持つ日本人講師が日本語で教えてくれるので
すっきり理解できるし、ものすごく能率がいいのです。

きちんと自宅学習で声を出してパターンプラクティスの練習をしてきた生徒さんはグループクラスでも
すぐに分かります。口の動きの滑らかさと、文を組み立てるスピードが格段に向上していくからです。

パターンプラクティスの真価をさらに強く認識したのは、ニューヨーク校駐在となった時です。

『バイリンガル』は、マンハッタンのミッドタウン校に加え、ワールドトレードセンター校の開設を準備していて、
私もこれにいろいろと関わりました。日本進出を計画したり、すでに日本と関わっている
ウォール街近辺の企業を始めとする各社のビジネスパースン達向けに 日本語クラスを大規模に始め、なかなか盛況でした。

日系企業の顧客は金融、商社、メーカー、物流、新聞社、情報・通信関連などの 一流企業ばかりでした。

海外駐在員というと、皆仕事も英語もバリバリ、というのが少なくとも当時のイメージでしたが、
実は決して誰もが英語が得意なわけではありません。
そして皆さん、必要に応じて、時には自腹を切ってスクールに通い個人レッスンで自己研磨に励んでいました。

さて、ここでパターンプラクティスが最も効果を発揮したのは・・・

駐在員の奥様たちです。

駐在員の奥様たち(「駐妻(ちゅうさい)」などと言ったりもします)の中には
趣味やお子さんの学校友達などを通して積極的にアメリカ人との付き合いをひろげて行く人もいますが、
どうしても駐妻仲間とつきあいがちです。ビザの関係で仕事に就くこともできません。
なので英語が上達しない。

「せっかくアメリカにいるのだからもっと英語を」と、駐在初期から通いだす人もいるし
ご主人の任期が終わる3年後、または5年後になっても、ほとんど英語の進歩を実感できず、
「日本に帰って英語ができないことがバレたら恥ずかしい」というので、
帰国の半年前くらいにあわてて英語を習いにくる人も多かったです。

で、彼女達の進歩のスピードがスゴイんですね。

大半の方は、グループクラスで中学英語の復習をパターンプラクティスで行うところから始めるのですが、
皆さん 貪欲にレッスンから吸収して、与えられた自宅学習もしっかりやってくるし
誰もが切磋琢磨というか、(奥さん同士のライバル意識もあったのかな?)とにかく一生懸命でした。

なので、日本人講師のレッスンを20回終えたあと、
ネイティブ講師に入り、ピクチャーカードという教材でパターンプラクティスを徹底し、
これにイディオム学習やトピック別に質疑応答する訓練などを重ねるうちに
あれよあれよという間、半年とか1年で相当の会話ができるようになる人が多かったのです。

子供のためにも英語を話さないと・・・、
アメリカ人のご近所さんとつきあいを深めたい・・・
アメリカにしかない趣味のクラスで世界を広げたい・・・
日本に帰国するまでに話せるようにならないと・・・
等々と、切羽詰った動機がとても強いことが、彼女達の素早い進歩を支えていたと思います。

さて、言うまでもなく、今、日本はグローバル化、ボーダーレス化の波にさらされています。
ビジネスにおいて英語を使える人間が増えるかどうかというのは
日本の将来の命運、方向性に決定的な要素の一つとなっていくことは確かです。

海外に派遣される人材でも、「学生時代から英語が得意だった」という人の割合は減ってきています。
「英語さえもっとできれば国外で人生を切り開いていきたい」という人達も増えていくことでしょう。

「英語が話せること」は憧れの対象ともなる、ふんわかとしたゴールではなく
人々の人生戦略におけるサバイバルの道具になりつつあります。

そうした新しい現実においては、
これまでの多くの英語学習者が目指していた、あるいは目指さないといけない、と
無意識に思い込まされていた 「ネイティブみたいにカッコいい英語」を目指すというのでなく(それも否定はしませんが)、
「失礼なく的確に意図を伝えられる英語」を目指すほうが、はるかに実際的です。

あなたに強い学習動機さえあるなら、そのような英語の習得は極めて現実的なゴールです。

この「ビジネス英語 話す筋トレ」が、あなたのお役に立てば、と心から願っています。

 

                                              松尾光治  

 
 
本文に戻る
 
  トップページの最初に戻る  
     
 
 

Copyright © 2013 Transtream, LLC  All rights reserved.