お問い合わせ 話す筋トレ HOME 開発者プロフィール よくあるご質問 通信販売法に基づく表示
  Facebookでシェア!
 
 

 
 
パターンプラクティス   パターンプラクティスと開発者、松尾の関わりについてはこちらをクリック。
 
 
パターンプラクティスは、
元々は アメリカのミシガン大学で開発されたメソッドでですが
米海軍日本語学校で主要な訓練法として 取り入れられたことでも知られています。
(なのでアメリカでは Army Methodとも 呼ばれています。)

なぜ米海軍日本語学校なのかというと、太平洋戦争勃発を予期したアメリカでは、
短期間に敵国日本の言語を操れる情報将校達を育てる必要があったから。

では、この訓練法はどれほどの効果があったのでしょうか?

情報将校候補達は、みな日本語知識ゼロからのスタートです。

それが1年のうちにどこまで進歩したと思いますか?

スピーキングの面では、
日本兵の捕虜の尋問や、
戦争末期には、洞窟にこもって集団自決をはかろうとする日本人民間人に対し、
自ら洞窟に入っていって降伏を呼びかける、 などという体を張った任務まで受け持ちました。

そのほかに、彼らが任された仕事は、
戦場で入手した日本語文書からの情報収集、
傍受した日本軍の暗号無線の解読の助けなど。

相当高いレベルの日本語能力が要求されますよね。

ちなみに、のちに日本文学者、また日本学者として世界的に知られるようになった
ドナルド・キーン氏(2011年の東日本大震災のあと日本に帰化されてニュースにもなりました。)や
『雪国』の英訳で川端康成のノーベル文学賞受賞にも貢献したエドワード・サイデンステッカー氏なども
日本との付き合いはこの米海軍日本語学校で日本語を学んだことががきっかけです。

で、この学校での訓練内容はスパルタそのもの。

週5日、一日4時間の授業は、まず2時間はNaganuma Readersという
当時はまだ珍しかった日本語読本をひたすら読み解く。
文法学習はなく、次第に難易度を増す文章を読み解きながら自分でルールを把握できるように指導された。

次に1時間の口頭訓練。最後の1時間はディクテーション。
ローマ字なんて使いません。いきなりひらがなとカタカナ。
漢字を少しずつ導入していく。

「一日4時間の授業でどこがスパルタなの?」と思うかも知れません。

どこがスパルタかというと・・・

授業の後は、ず~っと各自で終日復習に励む必要があった。
人によっては10時間くらい復習していたそうです!

毎週土曜日の3時間の試験に通るためです。
試験に落ちたら情報将校にはなれませんから。

で、この学校の口頭訓練で使われたのがパターンプラクティス。

日本語もできる日系アメリカ人講師のもとでビシビシ鍛えられました。

自習時間の「聞く・話す」訓練はレコードで音声の復習をするというスタイル。

学ぶ語彙を調整さえすれば、
彼らはそのままビジネスパー スンとして今日からでも活躍できそうだと思いませんか?

 

 

 
     
  「話す筋トレ」トップページの最初に戻る